●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 3 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 2 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタについての記事はコチラ
作品及び各種写真の無断使用・転載は固くお断りします。
All images are the property of Taisuke Yokosaka and may not be used or duplicated.
For problems or questions regarding this website, contact from the comment form me.

スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

シンプルに[α900][EDIXA-Auto Cassaron]

Check

写真をクリックすると大きな画像が開きます。
090203G

090203H

090203I

うす曇りというか、ぱっとしない空なので、シンプルにまとめてみました。
1枚目、本当に淡白というか、ソフトな描写ですね。
2枚目は特有のフレアが適度に入って、独特な質感が出ましたね~。
3枚目は拡大するとわかりますが、左下に収差がたくさん集まっています(^-^)
ここのところこういうレンズが多かったので、たまにはスカッと撮れる天気とレンズが使いたいです(^^;;;

SONY α900 DSLR-A900
Steinheil Munchen EDIXA-Auto-Cassaron 1:2.8 f=50mm
ブログランキング参加中! ⇒⇒⇒ 

スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

タグ : α900 M42 電子マウントアダプタ Steinheil Munchen EDIXA-Auto Cassaron

2009/02/11 20:00 | Steinheil Munchen EDIXA-Auto-Cassaron 1:2.8 f=50mmCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

カラフルな花も撮りたいなぁ[α900][EDIXA-Auto Cassaron]

Check

写真をクリックすると大きな画像が開きます。
090203E

090203F

一つ前のエントリーからSteinheil Munchen EDIXA-Auto-Cassaron 1:2.8 f=50mmを使っていますが、シュタインハイルって線が細いレンズが多いですね。
色ノリも割りとすっきり系で、重たくならないと思います。
このレンズはコンパクトで、ゼブラカラーのものです。
普通の50mmなのでそんなに寄れないですし、グルグルも出ます。
フレアも出て、ホンワカした写りをするときもあるので、まぁ天然系とでも言いましょうか(^^;;
こういうコンパクトなレンズはコンパクトなボディのカメラの方が合うかなって気もします。

SONY α900 DSLR-A900
Steinheil Munchen EDIXA-Auto-Cassaron 1:2.8 f=50mm
ブログランキング参加中! ⇒⇒⇒ 

テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

タグ : α900 M42 電子マウントアダプタ Steinheil Munchen EDIXA-Auto Cassaron

2009/02/11 16:00 | Steinheil Munchen EDIXA-Auto-Cassaron 1:2.8 f=50mmCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

これでも東京-神奈川[α900][EDIXA-Auto Cassaron]

Check

写真をクリックすると大きな画像が開きます。
090203A

090203B

090203C

090203D

写真だけ見るとどんな田舎だ?ってくらいな絵ばかりですが、これでも神奈川のはずれ、青葉区の端っこだったりしますし、町田のはずれからバイクなら10分程度で行ける範囲だったりして(^^;;;
まぁ、こういう場所がちらほらあるおかげで、似たようなところを散歩し続けていてもそれなりにブログの更新ネタだったり、NOCTOでの作例を撮ることができていたりするわけなんですが、「お洒落な写真」とは程遠いわけですね。
おかげでたまに横浜なんかに行くとそれなりにテンションが上がったりするんですけれど、いいんだか悪いんだか(^^;;

さて、諸事情によりEOSやNikonのボディを使う機会が多かったりしていますが、やっぱりαは使いやすいです。
PENTAXのインターフェースには及びませんが、電子マウントアダプタの効果もあって、非常に取り回しが良いです。
普段は絞り優先モードで、絞りは開放固定、ホワイトバランスはデイライト固定(よほど条件が変わらない限り)、露光量の調整はEV補正でほぼほぼ対応できています。
後はISOを必要に応じて変更したり、Dレンジオプティマイザーの適用量を変更する程度です。

先日使ったNikonのD200はインターフェースもさることながら、ホワイトバランスの出目が納得いきません。デイライトだと妙なアンバーかぶりになるし、オートだとやっぱり寒い色味に上がるし。
各社一長一短あるものの、私の使い方だとα900は非常にリニアに反応してくれるのが嬉しいところです。

SONY α900 DSLR-A900
Steinheil Munchen EDIXA-Auto-Cassaron 1:2.8 f=50mm
ブログランキング参加中! ⇒⇒⇒ 

テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

タグ : α900 M42 電子マウントアダプタ Steinheil Munchen EDIXA-Auto Cassaron 恩田

2009/02/11 12:00 | Steinheil Munchen EDIXA-Auto-Cassaron 1:2.8 f=50mmCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。