●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 3 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 2 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタについての記事はコチラ
作品及び各種写真の無断使用・転載は固くお断りします。
All images are the property of Taisuke Yokosaka and may not be used or duplicated.
For problems or questions regarding this website, contact from the comment form me.

スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Rose[SONY A900][MAF 50mm Macro]

Check

今回はマクロレンズも持参。
一応TAMRONの古い90mmマクロも持っていったのですが、出番なし。
花のピークが過ぎていたため、いくつか試したかったことを試したりして終了。
3枚目のカットだけトリミングしています。


Rose[SONY A900][MAF 50mm Macro]


Rose[SONY A900][MAF 50mm Macro]


Rose[SONY A900][MAF 50mm Macro]


MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)
Please click banner if you liked photograph. ==>  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

タグ : SONY α900 DSLR-A900 野津田公園 薔薇 バラ rose Nozuta Park Machida

2014/05/19 12:00 | MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

the advent of autumn[α900 DSLR-A900][MINOLTA AF]

Check

Click thumbnail, and large size photograph can be seen.
the advent of autumn[α900 DSLR-A900][MINOLTA AF]


the advent of autumn[α900 DSLR-A900][MINOLTA AF]


the advent of autumn[α900 DSLR-A900][MINOLTA AF]

近所の堂之坂公園にちょいと撮りに行きました。
風もまだ強めに吹いていたし、一応虫除けも持ったし(電池式の)、大丈夫だろうとなめてかかったのが敗因。
三脚立てて撮り始めたら短パンの脚に群がるように藪蚊が(滝汗)
10箇所以上食われたみたいで痒いです。腕は1箇所しか食われませんでした。虫除けのおかげかな?
今年はくそ暑い炎天下を撮って歩いていたせいか、草むらに入ってもほとんど蚊にやられなかったんですよね。
油断しました。

さてさて、や~~~~っぱりα900はステキです。
1枚目のカット、フツーに撮っただけですが、データチェックしてハッとしました。
奥行き、空気感がちゃんと写るんですね。
私みたいな撮影スタイル、被写体が相手だととても相性がいいです。
CanonやPanasonic、PENTAX使っていて感じていた「足りない何か」はこの辺なのかなぁ?
もうじきα77とα65、NEX-7、NEX-5Nが発売されますが、果たして絵作りはどうなってくるでしょうか。

SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)
Please click banner if you liked photograph. ==>  人気ブログランキングへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : SONY α900 MINOLTA ミノルタ MAF マクロ

2011/09/08 10:00 | MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

between summer and fall[α900 DSLR-A900][MINOLTA AF]

Check

Click thumbnail, and large size photograph can be seen.
between summer and fall[α900 DSLR-A900][MINOLTA AF]

こうやってみると16:9ってのも横位置では悪く無いですね。
さておき、ちょいとゆえあって久しぶりにα900と50mmを持ち出しました。
更に思うところ有ってマクロレンズ。
ちょっと深めのフードをつけていたのですが、今まで物撮りに使っていて気が付きませんでした。
遠景撮ったら四隅ケラれるのね(汗
仕方がないので16:9にして、更に少しトリミング……まぁ結果オーライってことで(^^;;;

それにしてもα900と古いMINOLTA AFレンズ、いい描写してくれます。
センサーのサイズももちろんあるのでしょうけれど、5D(無印)や7Dではこういう立体的な写りにならないです(Lレンズでは知りませんが)。
時間帯もあるけれど、斜陽な感じ、雲のコントラスト、やはりこのころのαは体質に合っています。
α700の中古が値崩れしたら1台買っておこうかなぁ(センサーはまったく同じもののサイズ違いだそうですからね)。
もっともこの後、高感度性能の低さに泣くわけですが(^^;;

SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)
Please click banner if you liked photograph. ==>  人気ブログランキングへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : SONY α900 MINOLTA ミノルタ MAF マクロ

2011/09/07 15:00 | MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Crassula ovata[α900][MINOLTA AF]

Check

Click thumbnail, and large size photograph can be seen.
Crassula ovata[α900][MINOLTA AF]

1週間以上、予約投稿だったので、実質は2週間程度更新をサボってしまいました。
桜の写真はそれこそしこたま撮りました。夜桜もあったので、機材も拡充しました。でも、ブログ更新まで手が回らず(汗)

まぁ言い訳はこのくらいにして(^^;;
写真自体はどうってことの無い、もうちょいと長いレンズで撮れればよかったのにね~な写真なんですが、我が家ではちょっとした事件だったのです。
20年近く咲かなかった金のなる木が突如として咲き始めたんです。びっくり。
というわけで、記念で撮影。50mmのハーフマクロじゃこんなモンですね。
真剣に等倍マクロレンズ考えようかと思うきっかけになりました(^^;;
仕事でも使えるとなると、とりあえずEOS用のEF-S 60mm USMか、はたまたフルサイズ対応のシグマ70mmマクロか……
純正の100mmマクロならIS付とかあるんですが、APS-Cで使う場合は100mmってかなり画角狭くて使いにくいし。
画質を考えるとインナーフォーカスじゃないほうが有利ですが、インナーフォーカスのメリット、純正ならではの絵作り傾向の整合性、値段も大差なしとなるとなかなか悩ましいところです。

カミソリマクロのシグマにするか、純正でUSM搭載のAPS-C専用にするか……
あなたならどっち?

SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)
Please click banner if you liked photograph. ==>  人気ブログランキングへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : SONY α900 DSLR-A900 MINOLTA MAF 50mm macro makro カネノナルキ

2011/04/18 22:58 | MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ミルクプリン[α900][MINOLTA AF]

Check

写真をクリックすると大きな画像が開きます。
091028B01.jpg

結構うまそうでしたが、したのトリュフも含め、まだ食べていません。

SONY α900 DSLR-A900
MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)
ぽちっと一押し、応援よろしくお願いします★ ⇒⇒⇒  人気ブログランキングへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : α900 MINOLTA AF 50mm Macro (旧)

2009/11/13 18:00 | MINOLTA AF MACRO 50mm 1:2.8 (旧)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。