●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 3 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 2 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタについての記事はコチラ
作品及び各種写真の無断使用・転載は固くお断りします。
All images are the property of Taisuke Yokosaka and may not be used or duplicated.
For problems or questions regarding this website, contact from the comment form me.

スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

マクロレンズは寄って[EOS Kiss Digital X][Kilfit-Makro-Kilar]

Check

写真をクリックすると大きな画像が開きます。
081226D

081226E

081226F

三脚も無し、手ブレ補正機能もなし、おまけに光量も足りない。
歩留まりわるいっすね~(笑
でもまぁ、マクロキラーも楽しいです。

Canon EOS Kiss Digital X
Kilfit-Makro-Kilar E 1:3.5/4cm
ブログランキング参加中! ⇒⇒⇒ 

スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

タグ : EOS Kiss Digital X M42 Flektogon 電子マウントアダプタ Liechtenstein

2008/12/31 09:00 | Kilfit-Makro-Kilar E 1:3.5/4cmCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

名前は知っていたけれど[K10D][Kilfit-Makro-Kilar]

Check

写真をクリックすると大きな画像が開きます。
081222A

081222B

081222C

「キルフィット マクロキラー」と言う名前は知っていました。ヤフオクなんかでもF2.8のモデルは人気で値段が跳ね上がりますし。
で、使ったのは4cm F3.5のモデルで、聞くところによるとこの固体はかなり初期のモデルだそうです(シリアルナンバーや構造からして)。
後玉が派手に飛び出しているので、APS-CのK10Dなら大丈夫だろうと思ったら、遠景撮影時にミラーが当たりました(核爆)
ちなみにEOS Kiss Digital Xでは当たりませんでした(センサー小さいですからミラーもK10Dより小さいんですね)。

で、名前だけは知っていたこのレンズ、リヒテンシュタインという国で作られたそうです。
外務省のサイトによると、160平方キロメートル(小豆島にほぼ相当)だそうです。
ピントこないので調べてみたところ、茨城県の霞ヶ浦が167.63平方キロメートル、埼玉県の熊谷市が159.88平方キロメートルだそうなので、おおよそ同じくらい……
霞ヶ浦はわかるので、おおよその見当がつきましたが……小さいですね、国としては(^^;;
ちなみに国土地理院のサイトで国内の面積なんかは調べてみました。

さて、で写りはというと……なんかこう、自分の中でのインパクトがありませんでした。
いや、普通にちゃんと良く写るレンズですよ。寄れるし。
コーティングなんかも古いし、レンズの玉自体も小さいので点光源のボケがちょっと気持ち悪く出るときはありますが、クセ玉というほど強烈な個性は出ないです。
ここ最近ティルト写真を撮っていたので不感症気味なのは否めませんが(^^;;
で、ノってこないと写真にも如実に現れるわけで……

PENTAX K10D
Kilfit-Makro-Kilar E 1:3.5/4cm
ブログランキング参加中! ⇒⇒⇒ 

テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

タグ : K10D M42 マウントアダプタ Liechtenstein リヒテンシュタイン マクロキラー

2008/12/29 09:00 | Kilfit-Makro-Kilar E 1:3.5/4cmCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。