●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 3 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 2 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタについての記事はコチラ
作品及び各種写真の無断使用・転載は固くお断りします。
All images are the property of Taisuke Yokosaka and may not be used or duplicated.
For problems or questions regarding this website, contact from the comment form me.

スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

α-M42電子接点付きマウントアダプタ改造

Check

※現在NOCTOではαマウントアダプタ
電子チップの取付けは受け付けておりません。


今回はマウントアダプタの改造をブリコラージュ工房NOCTOさんに依頼したので、そのレポートです。
チップ特注でもうひとつアダプタを作りました

デジイチでM42レンズを使っている人は多いと思います。
私もその魅力に取り付かれてしまった一人なのですが、マウントアダプタを介することで取り付けることはできても、ボディ側の持つ機能はほとんど使えません。
古い銘玉ですが、せっかくなので新しい機能もある程度は活用したい……
てなわけで「電子接点付きのマウントアダプタ」なるものが存在します。

電子接点が付くと何ができるのか?というと、たとえば「フォーカスエイド」が機能してくれたり、「手ぶれ補正機能」が一部条件で機能してくれたりします。

しかしこの電子接点付きマウントアダプタ、注意点もあります。

【その1】
現代の一眼レフカメラ(デジタル含む)は各社設計が当然異なります。
「フランジバック (マウント面からフィルム面、センサー面の距離) が各社で異なったりします。
もっと簡単に言うと、取り付けられたとしてもピントが合わなかったり無限遠が出ないことがあるわけですね。
つまり、ちゃんと計算して設計され、高精度で製造されたマウントアダプタでなければ純正レンズのように使うことができません。

【その2】
もしも接点がずれていたり、チップが電気的に破損していたら、最悪の場合ボディ側の回路が壊れます。

【その3】
電子接点付きのチップ自体、メーカーから共有を受けているものではないみたいなので、当然仕様が変わった場合に使えなかったりボディを壊す可能性があります。

実際にオークションでα-M42マウントアダプタを別の人から合計2個買いましたが、明らかに見た目からして厚さが違ったりして、無限遠が出たり出なかったりしています。
α900を買おうかと考えていましたが、これでは不安で手が出せません(^^;;;
で、アダプタそのものの精度を得るために近代インターナショナルのものを購入しました。
ちなみに日本国内、首都圏での入手しやすさと品質の高さでは近代インターナショナル製品がオススメだと思います。

オークションで購入した電子接点付きマウントアダプタのうちの1つが厚すぎて、PENTAXやEOSで無限遠が出ているレンズでも無限遠が出なかったため、チップを近代インターナショナル製のアダプタに移植してもらうため、ブリコラージュ工房NOCTOさんに依頼しました。


Amount001

▲近代インターナショナル製のマウントアダプタ (真鍮製?)▲

Amount002

▲オークションで購入した無限遠の出ないアダプタ▲

Amount003

SONY α100のマウント部分 (電子接点は上部にあります)▲

Amount004

▲電子接点部分を近代インターナショナルのアダプタに移植▲

Amount005

▲移植された電子接点のチップ部分▲

Amount006

▲実際にレンズを取り付けてみたときのファインダ情報▲

写真をクリックすると大きな画像が開きます。

最後の写真を拡大してみて頂くと、手ぶれ補正機能が生きているのがわかると思います (一番右側のインジケーター)。
また、このチップにはROMが入っているらしく、レンズ情報として「50mm F1.7)という情報が記録されています。
これによって手ぶれ補正機能も50mm相当の効果が得られるみたいです。
ちなみにオークションで購入したEOS用の電子接点付きマウントアダプタは「50mmF1.8」という情報が入っているみたいです。

これで後はα900でちゃんと機能すれば、待望の「フルサイズセンサー」で「手ぶれ補正機能が使える」カメラとしてM42レンズ群が活かせるかも……
α900はファインダがとっても良くできているので、MFでのフォーカシングもしやすそうですし、あとは購入資金の準備かなぁ(^^;;

最後になりますが、この手の改造も、アダプタを用いた場合のカメラ不具合も、一切メーカーは関知しません。トラブルも自己責任でお願いします。
もちろん、私も「まねしたけど壊れた」といわれても責任をもてません。ご注意下さい。

★2009/01/11追記
その後α900を購入、どうしても焦点距離情報の異なるアダプタが欲しくなり、2個目のアダプタを作って頂きました。
レポート記事はこちらをご覧下さい。

ブログランキング参加中! ⇒⇒⇒ 

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル : 写真

タグ : SONY α DSLR-A M42 電子マウントアダプタ マウントアダプタ JENA Takumar

2008/10/14 20:00 | ★マウントアダプタCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

こんにちは。
先ほどはコメント頂き、ありがとうございました。

とても楽しい事をしてらっしゃるんですね。
私も、先日5Dを手放したばかりなんですが、アダプターを介してMFレンズを色々使ってみたいと思いつつ、結局M42でTakumarを3本ばかり使っただけでした。
私はCanonばっかりの資産で、最近ではAPS-Cに退化(?)する事にしましたが、α900は確かに手ぶれ補正がボディ側という事で楽しそうですね!
それにしても、すごいレンズ資産ですね(^^)
好きな私には宝の山に見えます!!

No:44 2008/10/25 13:10 | かもねぎ #GARAOaU2 URL編集 ]

ご来訪ありがとうございます♪

かもねぎさま
いらっしゃいませ。いきなりコメント着けさせて頂いちゃいました(^^;;
5D手放しちゃったんですか?古いレンズとは相性がよさそうなのでちょっと残念ですね。
α900はファインダがやっぱり秀逸です。今日はPancolarをつけて撮影に行ってきましたが、なんていうか、ファインダー覗いただけで変哲の無い風景がフォトジェニックに見えてしまいます(^^;;

> それにしても、すごいレンズ資産ですね

いえいえ、既に手放したものや、借物もリストには入っていますので、純粋に全部が手元にあるわけではありません。
とは言え50mmだけでいったい何本持っているのか……自分でも数えるのが怖いです(汗

今後ともよろしくお願い致します。

No:45 2008/10/25 17:58 | よこたろう@まさか逆さま? #U4SAG3vM URL編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:2503 2012/06/13 18:50 | # [ 編集 ]

>鍵コメ様

お役に立てたようで何よりです。
ありがとうございました。

No:2504 2012/06/13 18:54 | yoko #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。