●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 3 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 2 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタについての記事はコチラ
作品及び各種写真の無断使用・転載は固くお断りします。
All images are the property of Taisuke Yokosaka and may not be used or duplicated.
For problems or questions regarding this website, contact from the comment form me.

スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

bench on slope[LUMIX G3][SWITAR AR(C-Mount)]

Check

Click thumbnail, and large size photograph can be seen.
bench on slope[LUMIX G3][SWITAR AR(C-Mount)]

さて、今回のシリーズのレンズですが、日本の写真愛好家の間ではCマウントレンズと呼ばれている物。
海外ではM25と呼ばれたり、シネレンズと呼ばれたり、Bolex用と言われたりしています。
同種のマウント形式では、CCTVカメラなんかが今でもこのマウントだそうです。
有り体に言えば16mmフィルム時代の(映画なんかを撮っていた)カメラのレンズマウント方式。
ミラーレス一眼カメラが発売されてから写真愛好家に一躍脚光を浴びたレンズです。

で、今回使っているのが、カメラ用のレンズとしても一部で超有名な、スイスのケルン社製スイターのシネレンズ版。
タイプも焦点距離も幾つか種類があるみたいです。

ちなみにmicro4/3を1:1のアスペクト比で撮っても四隅がしっかりケラれるほどイメージサークルは小さいです。
まぁ、16mmというフィルムサイズがそれだけ小さかったということなんですが。

Panasonic LUMIX DMC-G3
Kern-Paillaro Switzland SWITAR 1:1.8 f=16mm AR (C-mount)
Please click banner if you liked photograph. ==>  人気ブログランキングへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : Panasonic LUMIX G3 こどもの国 Kern-Paillaro Switzland SWITAR 1:1.8 f=16mm AR

2012/02/20 10:00 | Kern-Paillard Switzland SWITAR 1:1.8 f=1COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。