●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 3 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 2 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタについての記事はコチラ
作品及び各種写真の無断使用・転載は固くお断りします。
All images are the property of Taisuke Yokosaka and may not be used or duplicated.
For problems or questions regarding this website, contact from the comment form me.

スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

α-M42電子接点付きマウントアダプタ改造 Part2

Check

※現在NOCTOではαマウントアダプタ
電子チップの取付けは受け付けておりません。


マウントアダプタ改造記事の第2弾です。第2弾なので「マウントアダプタとは何ぞや?」と言う話は割愛します。
気になる方は前回の記事をご覧下さい。

さて、前回、品質に定評のある近代インターナショナル製のα-M42マウントアダプタを改造してAFチップを取り付けてもらう加工をブリコラージュ工房NOCTOさんにお願いしました。
非常に便利で、重宝しています。と言うか、M42レンズを使う際は常にこのアダプタを使用しています。
しかし使ってみて気になる点もありました。
それは
1)手ブレ補正機能はチップに入っている50mmという焦点距離をベースに補正値を演算している
2)どうも135mmなどを使うと露出計の出目がはずすことが多い
3)Part1で取り付けたチップ情報が50mmF1.7で、MINOLTAの50mmF1.7も一緒に持っていくとデータ整理で混乱する(苦笑
という3点。

1点目の問題は当然の話で、PENTAXもOLYMPUSも電子接点の無いレンズをつけた場合は焦点距離を手入力することで機能をきっちり働かせてくれます。
しかしαにはその項目がありません。ワイド側はまだしも望遠側はこころもとありません。
2点目の問題はあくまで推測なのですが、これもレンズ側からの情報を元に演算をしているのではないか?と言う気がします。
3点目の問題は仕方がないですね。わざわざ50mmF1.4とかF1.8のチップを買うのもナンセンスなので我慢(笑

これらを解決するためには、レンズと同じ焦点距離と絞り値の入ったチップをつけたアダプタを用意するのがベストですよね。
とりあえず望遠系で使用頻度が高いのはCarl Zeiss Jena Tessar 2.8/80 T。狙いは80mmF2.8かそれに近い情報の入ったチップ。
そこで色々と調べてみました。世の中には同じようなことを考える人がいるんですね~(笑
チップのオーダーを受けてくれる業者が海外にありました。
ちょいとお高いですが、一般的な焦点距離と絞り値が選べるようになっていて、指定した情報を入れたチップを作ってもらえます。
と言うわけで早速近似値のチップ(80mmF2.8)をオーダー。海外なので1週間強かかりましたが無事届きました。

後はチップを取り付けるためのアダプタ本体の入手です。
近代製は品質も高く安心感があるのですが、チップ代、加工代を考えるともうちょっと安くて使えるものが欲しい。
そこで、以前EOS-M42アダプタ(無限遠OK、遊びなし)を買ったショップから真鍮製のα-M42アダプタを購入。
モノが届いて確認してみたところ、無限遠は問題なし。若干回転方向の遊びがありましたが、ガタあるレンズを使うよりも少ない遊びなので良しとします。
#中国製、ヤフオクで落札したチップ付きアダプタは2個とも精度が低くて使えませんでした……

090103AA

素材がそろったので早速改造依頼♪年末の忙しいところ、ありがとうございました>ブリコラージュ工房NOCTO店長さん。

そんなわけで新しい「80mmF2.8」という情報の入ったチップ付きアダプタが完成。少し使ってみました。

090103AB

090103AC

ちゃんとF2.8で認識されています。
が、EXIFを見ると??? レンズ名85mmF1.4と記録されています。85mmF2.8のレンズがラインナップされていないから?
ただ、開放F値はちゃんと2.8と入っています。

090103AD

と言うわけで、実写してみました。
1点目の問題、手ブレ補正の効きですが、ん~、当然ちゃんと効いているわけですが、もともとαの手ブレ補正機能は非常に良く効くため、80mmをつけていても意識して撮っていれば1/8くらいまで止まってくれちゃうので差が良くわかりません(^^;; 200mmくらいをつけてみたほうがわかるのかな?
2点目の問題、外し率が減ったというか、安定したと感じています。50mmを使っているときと同じ感覚になったような気がします。
そして、精神衛生上非常に健やかになりました(笑

αシリーズはレンズ側に電子接点がないとAFアシスト機能が使えないばかりか、マニュアルモードしか使えなかったり、機種によってはシャッターすら切れません。
このアダプタがあれば、α100でも900でも、α Sweet(フィルムカメラ)でも絞り優先モードでサクサクと撮影ができます♪

お約束ですが、この手の改造も、アダプタを用いた場合のカメラ不具合も、一切メーカーは関知しません。トラブルも自己責任でお願いします。
もちろん、私も「まねしたけど壊れた」といわれても責任をもてません。ご注意下さい

ブログランキング参加中! ⇒⇒⇒ 

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル : 写真

タグ : SONY α DSLR-A M42 電子マウントアダプタ 電子接点付きマウントアダプタ マウントアダプタ JENA Takumar

2009/01/04 00:00 | ★マウントアダプタCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

はじめましてi-179
私もじつは先日カールツァイスのレンズを使いたくて、マウントについて調べたので、拝見してすばらしい!と思い、おもわずコメントしました。(私は結局断念しましたけど)
どうしたら撮りたい写真が撮れるのか分からず、少しずつ勉強中です。
それにしてもものすごいレンズコレクションですね!驚きました!

No:235 2009/01/11 12:31 | さくら #- URL編集 ]

>さくらさん
初めまして、いらっしゃいませ!
K-m買われたんですね~、魅力的な機種でちょっとうらやましかったり(^^;;
「どうしたら撮りたい写真が撮れるか」
難しいですよね。
それと、PENTAXでヤシカコンタックスのレンズ、使えるようになる可能性がありますよ。
今、友人がヤシカコンタックスレンズのM42化改造を企画しています。
改造なのでコンタックスのフィルムカメラではそのまま使うことが出来なくなりますが、M42になってしまえばさまざまなボディで使うことが出来ますからね(^-^)
いずれ改造が完了した暁には写真を掲載しますので楽しみにしていて下さいね♪
ちなみに左のレンズリスト、すべて自前というわけではないんです(^^;;

No:237 2009/01/11 13:20 | よこたろう #U4SAG3vM URL編集 ]

はじめまして
私もROKKOR58/1.2をαマウントに改造し、α350で使っていますが、絞り優先使えないので、チップを入れようと思って、検索したら、よこたろうさんのところにたどりつきました。
チップ注文するところも見つかりましたが、焦点距離が60しかないので、58のレンズに60のデータ入れて、ピント合うのでしょうか?合焦マークが出ても、実はピント合っていないというようなことって起りうるのでしょうか?
お分かりでしたら、教えていただけますでしょうか?宜しくお願い致します。

No:1130 2009/10/09 03:04 | vinjht #- URL [ 編集 ]

>vinjhtさん

はじめまして。

チップに入れる焦点距離はぶっちゃけなんでもかまいません。
ただ、実際に使うレンズと焦点距離を合わせる理由は「手ぶれ補正機能の精度」のためだったりします。
検証していませんがPENTAXやOLYMPUSのファームを見る限り、手ぶれ補正の適用量は焦点距離も演算に組み込んでいると思われますので、それで私も3度にわたってこのαマウントアダプタのチップ取り付け記事を書いている次第です。
AFアシストについては、実際に測距用センサーに入った像から演算しているので、レンズから入る情報は関係ないと思われます。
実際に50mmのチップで20mmから200mmまで使っていて不具合を感じたことはありません。

No:1132 2009/10/09 09:04 | よこたろう #U4SAG3vM URL編集 ]

むしろF値

よこたろうさん、こんにちは

私も以前からいろいろと試行錯誤を繰り返してて、現在では持ち出すレンズすべてチップつきαマウント改造MFレンズというありさまです。

某所のチップは十数個使用してきましたが、壊れたのは1,2個ありました。チップは静電気に弱いので、接点を手で触るとかすると壊れるんでしょうね。焦点距離は手ぶれ補正を積極的に使うなら合わせた方がベスト、ズームでもズーム端か中間の焦点距離にすればないより全然マシです。

私はむしろチップの開放F値を合わせることに意味があるかと思います。いつもはAモードでもMモードでもまず開放で測光、AEロックかけてから絞ってシャッターを切る、とするとダイヤル/絞り値を変えても概ね問題なしですが、開放F値の違うチップではうまく行かないと思います。


ところでたびたび聞かれるのですが、「ヤシコンをαで使いたい」というのはノクトさんでやってもらえるんでしょうか?自分で旋盤回してパーツを作ってますが、人のを作る余裕はないもので。

No:1298 2009/12/18 12:03 | jack #HLrqDUJ6 URL編集 ]

>jackさん

いまだチップが壊れた経験はないのですが、端子の位置がペンタ側のために重たいレンズだと組み合わせによっては瞬断するときがあるのが気になっています。
EOSなら端子が底部側なので加重がかかっても瞬断する心配はないのですが……

> 私はむしろチップの開放F値を合わせることに意味があるかと思います。いつもはAモードでもMモードでもまず開放で測光、AEロックかけてから絞ってシャッターを切る、とするとダイヤル/絞り値を変えても概ね問題なしですが、開放F値の違うチップではうまく行かないと思います。

ほほ~、AEロックでうまく行きますか?
どだい開放測光ベースのアルゴリズムだから、実絞りでは適正露出が算出されないものだと思っていました(^^;;
私は解放での撮影がほとんどなのと、常に0.3~0.7EVマイナスに振って撮影しているのであまり気にしていませんでしたが、たまに絞ると明るくなるので、そういう場合は補正かMモードで撮っていました。
今度やってみます♪

> ところでたびたび聞かれるのですが、「ヤシコンをαで使いたい」というのはノクトさんでやってもらえるんでしょうか?自分で旋盤回してパーツを作ってますが、人のを作る余裕はないもので。

M42ではなくαマウント化ということですね。
すべてのレンズでは対応していないと思いますが対応できるものもあるはずです。
メールか電話でNOCTOに問い合わせていただければと思います。

No:1301 2009/12/19 00:47 | よこたろう #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。