●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 3 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 2 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタについての記事はコチラ
作品及び各種写真の無断使用・転載は固くお断りします。
All images are the property of Taisuke Yokosaka and may not be used or duplicated.
For problems or questions regarding this website, contact from the comment form me.

スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Elderly couple[NEX-7][SONY E]

Check

Click thumbnail, and large size photograph can be seen.
Elderly couple[NEX-7][SONY E]

昨日、三連休初日、思うところもあって写真を撮りに出かけました。
ところが中央線に乗って程なく人身事故……
中野まで普通なら1時間ちょっとで行けるはずが2時間以上。いきなり出鼻をくじかれました。

とりあえず昼食を摂って、行動前にフジヤカメラに。
そういえばNEXシリーズも電動ズームが標準になったんだよなぁと思いつつショーケースを見ると、16-50mmが11,800円
標準域のズームだし、明るくもないけれど、とにかくコンパクトで軽く、35mm換算で24mm相当からと、ワイド側が広いことが魅力。
値段も手頃だしということで見せてもらうことに。

???
おかしい……動作はするけれど周辺光量が以上に暗い。まるでフードでケラれているみたい。
しかもディストーションが強烈……
2本見せてもらったけれどどちらも同じなので、ファームウエアだろうと踏んで購入。
実際にNEX-5で多分NEX-7より後に販売された個体で動作確認したら問題なし。
最近レンズの設計上はムリしないで、カメラ側にパラメータ持たせてデータで補正するって手法が取られることが多いのは知ってましたが、まさにそれ。

これって、製造コストは下げられるかもしれないけれど、例えば10年後に同じマウントの機種に付けてもちゃんと使える保証ないですよね?
昔のレンズは色々収差残っているけれど、それでもちゃんと写るように設計されているから、現代のカメラで使ってもそれなりに使えるけれど、こういう手抜き設計的なことをしたレンズって消耗品的な扱いな気がしてなりません。
#ま、電動ズームの時点でアダプタ遊びの対象にはならないかもしれないですが……

さておき、早速手に入れたレンズ、当日の機材はNEX-7、すぐにでも使いたいのが人情(笑)
というわけで早速使いました。

帰宅後NEX-7のファームウエアアップデートをすぐに行いました。
現像はPhotoshopCC。幸いレンズ補正のパラメータにこのレンズがあり、当てるだけでそこそこ補正が効きました。
ただ、やっぱりディストーションも多く、周辺の樽型は結構なもの。
設計には無理もあるんでしょうね。

中野からのルートは西新宿に抜ける、何度も撮りに行っているルート。
目的は西新宿4丁目の再開発の進捗確認。
そっちはライフワークなので、いずれまとまったら公開するとして、それ以外のカットを。

SONY NEX-7
SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS (SELP1650)
Please click banner if you liked photograph. ==>  人気ブログランキングへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : NEX7 Tokyo Japan

2014/01/12 22:45 | SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS (SELP1650)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。