●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 3 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタ 2 についての記事はコチラ
●α用電子接点付き改造マウントアダプタについての記事はコチラ
作品及び各種写真の無断使用・転載は固くお断りします。
All images are the property of Taisuke Yokosaka and may not be used or duplicated.
For problems or questions regarding this website, contact from the comment form me.

スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Plum blossoms left on the faint[NEX-7][YASHINON-DX (TOMIOKA)]

Check

Click thumbnail, and large size photograph can be seen.
Plum blossoms left on the faint[NEX-7][YASHINON-DX (TOMIOKA)]

久しぶりに湯島天神まで足を延ばしました。
とは言っても、湯島聖堂から歩いて10分程度。
梅はほぼ終わり。お礼参り真っ只中って感じでした。
カラーじゃどうにもだったので、白黒で。

ところで、今回白黒中心で現像処理しました。
実はこの間のCP+に行って、少しばかり思うことがありまして。

もともと学生時代は白黒で撮って、焼いていましたし、どっちかというと白黒やカラーでもネガフィルムが好きだったりします。
学生時代は懐の都合と後処理の簡易さでウォータープルーフペーパーばかり使っていましたが、定番のGEKKO以外にILFORDのセミグロスとマットペーパーを好んで使っていました。
バライタ紙ほど深みはないけれど、独特の風合いとやわらかさで、好きでした。
このセミグロスやマットペーパーの3~4号に、黒濃いめでプリントするのが好みの仕上がり。

で、話が戻りますが、CP+でILFORSのペーパーの展示を見つけました。
今までデジタルを始めてから、どうしてもインクジェットでプリントする気になれず、お店で銀塩方式のプリントに出していたのですが、そのブースで見たサンプルが衝撃的でした。
印画紙の風合いにすごく近い!
説明員の人に聞いたら、目指したのがやはり当時のペーパーってことで、かなり風合いや再現などが近づきましたってことでした。
いいお値段するペーパーだし、ウチにはまっとうなプリンターも無いので、プリンター買う必要も出ちゃいますが……
それでもこのペーパーでモノクロプリントしたい!って久しぶりに思いました。

サンプルで3枚ほどペーパーの入った(全部種類違います)をもらい、自宅で印刷してみましたが、何度かテストして、それ用に元データ作ったら結構いい感じのプリントができそう。
もちろん、カラーじゃなくて、白黒でテストしたので、今後もプリントは白黒で行きたいなぁなんて。

そんなわけで、今後白黒写真が増えてくると思います。

SONY NEX-7
AUTO YASHINON-DX 1:2 f=50mm (TOMIOKA OPT)
+M42 to SONY E-Mount Adapter with tilt function
Please click banner if you liked photograph. ==>  人気ブログランキングへ

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : NEX7 YASHINON-DX TOMIOKA Kanda Tokyo Japan

2014/03/28 12:00 | AUTO YASHINON-DX 1:2 f=50mm (冨岡光学)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。